2021.08.29

【ブログ】芸名・雅号の命名に大切なこと

五聖閣の命名には、赤ちゃんの名前、社名、建物名、船舶名、商品名、イベント名などさまざまな分野のものがあります。その一つに、長年にわたり多くのご依頼をいただいている「芸名・雅号」の命名があります。

「芸名」は芸能活動を行うときに使う名前で、「雅号」は詩人や俳人、小説家などの作家や画家、書家などが、その活動のため本名以外に使う名前です。
芸能活動・芸術活動を始めようとするとき、まず必要になるものが「芸名」や「雅号」です。本名のままという人もいますが、多くの人はその活動内容に相応しい名前を決めて臨むでしょう。しかしいざ「芸名・雅号」を考えると、無限に選択肢があることから逆にいろいろ悩みが出てくるものです。
これから始める活動内容、好きな文字や呼び名、自分を表現するイメージなど、考えれば考えるほど何を根拠とするか迷いが生じます。

名前は文字と呼び名で出来ています。文字には文字そのものが持つ意味と、そのイメージがあります。呼び名にも音によるイメージがあります。
しかし一番大切なのは、文字の画数が持つ力と音が持つ力であると考えます。この二つは、これからの活動と本人に大きな影響を与えます。そのため、本人とその活動内容に相応しい画数と音を決めることがとても重要になります。
そしてこれを基本に名前を検討していくのが一番良い方法であり、また、後悔しない方法でもあります。

五聖閣では画数による命名法の基本「熊﨑式姓名学®」で、長年数多くの芸名・雅号の命名と改名、名前の鑑定を行なってきました。
その範囲は、歌手や俳優、タレントなどの一般の芸能領域にとどまらず、能や歌舞伎、落語などの古典芸能や、華道、茶道、相撲などの伝統文化、宝塚、さらには新たなビジネスを始めるために使うビジネスネームなど、あらゆるジャンルにわたっています。
また、個人だけではなく、グループ名や劇団名などにも対応しています。文字についても漢字、平仮名、片仮名だけではなく英字などにも対応しており、人々の記憶と心に残る名前の提供で厚い信頼をいただいています。
名前の鑑定では、すでにお使いの名前やご自身で考えた芸名・雅号の判断をいたします。
また、デビューの予定日などをお伺いして、本人の運気なども考慮しながら活動開始時期などについてのアドバイスも行っています。

芸名・雅号をお考えの際は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

芸名・雅号の命名・改名・鑑定はこちら https://goseikaku.co.jp/geimei.html